{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009930372069   整理番号:68A0141612

大脳皮質ボリソームによるたんばく質の合成:合成系の性質

protein synthesis by cerebral cortex polysomes characterization of the system.
著者 (2件):
資料名:
巻: 125  号:ページ: 387-400  発行年: 1968年
JST資料番号: B0023A  ISSN: 0003-9861  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ラット17-21日目の脳から界面活性剤を用いずにボリソームを得た。収量は20匹から4~6mgであった。通常の方法で放射性アミノノ酸を加えてたんばく質合成反応を行なわせ,しょ糖濃度こう配遠心分析を行なった。10分以内に急速にアミノ酸はポリソーム画分にとりこまれ,さらに長くふ置するとポリソームのモノソーム,ダイソームへの分解が起こり,それとともにたんぱく質は可溶性画分に遊離される。可溶性画分をゲルろ過およびDEAE-セルロースクロマトグラフィ-によ解解析した結果,約50%のたんばく質がSephadex G-200を素通しし,33%がDEAE一セルロースに吸着される数種の成分からなる酸性たんぱく質であった;写図9表2参47
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る