{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009934535116   整理番号:68A0151166

有機ほう素化合物CLXXVII NMRスペクトルによる二環状ほう素化合物におけるアリル転位の研究

Борорганические соединения.177.изучение ал-лильной перегруппировки в бициклических соединениях бора методом протонного магнитного резонанса.
著者 (4件):
資料名:
号:ページ: 307-312  発行年: 1968年
JST資料番号: R0042A  ISSN: 0002-3353  CODEN: IASKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
トリアリルほう素とアセチレンおよびアセチレン類似体の反応によって収得した3-ボラピシクロ〔3,3,1〕ー6-ノネン誘導体のアリル転位をNMRスペクトルによ検検討し,過程の速度および活性エネルギーを算出。20~170°におけるジアリルー(2-メチル-1,4-ペンタジエン)一ほう素の環化過程を検討し,アリル転位を経て進行することを確認。3-アリルー6,7-ジジューテロ-3-ボラービシクロ〔3,3,1〕ー6-ノネンなどのヌペクトルを提出;写図4表1参7

前のページに戻る