{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009940386025   整理番号:68A0315108

電離放射線による損傷とその回復の生理的機構

Physiologic mechanisms of injury and recovery from electromagnetic radiation.
著者 (1件):
資料名:
ページ: 393-409  発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
自然加令と放射線作用をイヌを用いその生理機能の低下という面から比較した。上半身の部分照射(一部131Iによる甲状腺照射)を行ない,その後長期にわたって運動能力,心肺機能,甲状腺機能を調べた。1800R以上では数か月以内に,以下では12か月後に心肺機能の障害が見られた。甲状腺機能はもっとおそく1800Rで3年後から明らかな障害があらわれた。これらの遅発性効果は主に毛細管内皮細胞の損傷とそれにともなう線維芽細胞増殖による2次的なものと考えられる。これらの結果にもとづいて予備能力とホメオステーシスの調節機構のモデルを考え,これに対する加令と放射線の影響を比較し,多くの共通点があることを示唆した;写図9表11参21(菅原 努)
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る