{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009943333291   整理番号:60A0089220

Valley型実験室用ピーターの保繕検定用 80-グリット仕上げ”法の評価

An evaluation of ”80-grit touch-up” method for maintaining calibration of the valley laboratory beater.
著者 (1件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 239A-244A  発行年: 1960年
JST資料番号: E0201A  ISSN: 0039-8241  CODEN: TAPPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本器の特徴は(1)保繕の必要度が少ない,(2)フライバーおよびペッドプレートは長期間(4~5年以上)使用可能,(3)ビーターチューブの底とベッドブレートの巨離は任意に可変,(4)針葉樹の標準パルプ(さらしSP,KP)について信頼性の高い再現性ある結果を与える.(5)盾葉樹.斜葉樹共任意のパルプで再現性高い;表10

前のページに戻る