{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009963007358   整理番号:68A0195893

写真潜像に長波光を作用させた時の平衡的光学濃慶

О равновесной оптической плотности при действии длинноволнового света на скрытое фотографическое изображение.
著者 (2件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 431-436  発行年: 1967年
JST資料番号: R0137A  ISSN: 0044-4561  CODEN: ZNPFA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
色増感していないポジフィルムまたは印画紙に.短波の光を与えて潜像を作りそれら長波光をあてると,ある(現像後の)光学濃度になる点を境にして,ハーシエル効果で潜像が分解されるかあるいは赤色光によって濃度が上昇する。この点を平衡濃度と名付ける。短波長光の第一露光を100sec.0.05sec,10-3sec.10略secと与えた,後同じ赤光を5mi n与えてこの平衡濃度を綴かるとそれぞれ0.20.0.50.0.7~0.9,1.2へ1.4と高照度短露光になるにつれ濃慶は上昇する。印画紙につても同じ傾向が観測された;写図4参21
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る