{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009964388126   整理番号:68A0096959

雷撃電流について

著者 (1件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 10-13  発行年: 1968年
JST資料番号: F0487A  ISSN: 0285-3167  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
避雷針,避雷器などの保護装置に要求される性能は,想定された雷撃電流の特性値を前提として規定されるものであるから,雷撃電流に関する試料の収集は,耐雷設計を進めるうえに重要な課題であるここでは主として,電気試験所において,わく型空中線を用いて北関東地区で観測した試料に基づき,雷撃電流波高値,波頭長,波尾長,波頭しゅん度などのひん度分布,相関などの解析を行なった結果について述べている。対雷設計を進めるうえには,これらの雷現象の一般的統計試料を基として,雷害事故率予測の精度をあげ,信頼性と経済性との協調をはかることが重要である;写図11表1
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る