{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009982201823   整理番号:68A0265714

ポリスチローノの発泡プラスチックは効果的な断熱材である

ПОЛИСТИРОЛЬНЫЙ ПЕНОПЛАСТ ЭФФЕКТИВНЫЙ ТЕПЛОИЗОЛЯЦИОННЫЙ МАТЕРИАЛ
著者 (1件):
資料名:
号: 12  ページ: 30-31  発行年: 1967年
JST資料番号: R0103A  ISSN: 0585-430X  CODEN: STRMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ポリスチロールの発泡プラスチックはカサ比重15~50Kタ/cs≒熱伝導係数0,027~0,04 kca1/mh°Cで,耐水性は小さいが,強度は比較的高く。最も効果的な遮断材料に属する。そしてカサ比重が小さいということは。製品単位当・)の支出を小さくでき,そのことが他の優i:だ点と合せて,伝統的材料とコストの点で競争できる’こととなる。また,コンクリート,アスベストセメント,アルミニウムその他の材料との多層構造をつくりだしうるので,構造体の重量を軽量化させ,またその性能を高めることができる等の利点があり今後広範な利用が予想されている;表2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る