{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009982233393   整理番号:68A0014656

中性子の強度関数と平均全断面積I新しい方法

Neutron strength functions and average total cross secifions I A new method
著者 (2件):
資料名:
巻: 46  号:ページ: 401-434  発行年: 1968年
JST資料番号: A0410A  ISSN: 0003-4916  CODEN: APNYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
種々の厚さのIn,Sb,I,ReおよびHgによる30~650keVの中性子散乱の平均全断面積を測定した。透過データを解析する新しい方法を示し,s-,p-,d-波の強度関数とポテンシャル散乱の位相のずれを一意的に決定した。この方法ではこの断面積を種々の角運動量成分に分解できる;図4表6参57
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る