{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010004176564   整理番号:68A0122166

パラメータなしの分子軌道計算

Parameter-free molecular orbital calculations.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 479-487  発行年: 1968年
JST資料番号: C0566A  ISSN: 0020-1669  CODEN: INOCAJ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
遷移金属錯体の電子エネルギー準位の計算法について述べた。原子波動関数を適当に選び,行列要素を計算する為に任意のパラメータを用いない。この方法を用いて,八面体塩素錯体4つと,四面体塩素錯体7つのエネルギーと分子軌道の計算を行った。結果はΔ値,B,β,結合次数,重なり密度,伸縮振動,塩素のNQRで計算した。計算の結果,共有結合性は,酸化状態の関数であることが分った。酸化状態が同じならば,異種遷移金属では,原子番号が増すと共有結合性も増す;写図2表9参25
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る