{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010015340781   整理番号:68A0223747

2GHz無線PCM方式 I

著者 (3件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 96-105  発行年: 1968年
JST資料番号: F0050A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
無線によるPCM信号伝送の試みは1947年ベル研の12chPCM伝送実験が初めだが,周波数分割多重電話で搬送波を周波数変調するFDM-FM方式がさきに実用化されマイクロ波伝送方式として全盛をきわめた。電気通信はデータ通信の導入を契機にディジタル化の傾向に進みつつある。その一っとして,PCM化された信号を伝送する2GHz帯のマイクロ方式が開発された。電話なら240回線伝送し,短距離回線用。マイクロ波の4相位相変調,同期検波,再生中継,制御情報伝送に二重変調などが新技術。100%固体電子化されている。ここでは開発経緯,方式概要,送受信装置について紹介;写図12表1参10
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る