{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010017483628   整理番号:68A0219857

アナログ計算機のモジュールと路 I

Bausteine und Aufbau eines Analogrechners.
著者 (1件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 43-46  発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 解説  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アナログ計算機の主要部である演算増幅器に要求される特性,演算増幅器で構成される各種機能回路,ポテンショメータの一般的解説演算増幅器は高入力インピーダンス,低出力インピーダンス,非常に大きい増幅度,位相推移が180°,ドリフトが零なることの性質を要すること,演算増幅器で作られる加算器,加算の倍率と電圧どの関係,積分器,加算積分器,帰還回路切り換え,ポテンショメータと係数,負荷係数の関係をのべ,回路練習例をあげて説明した;写図15
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る