{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010018415316   整理番号:68A0223395

パルス符号変調によるテレビ伝送

Transmission of television by pulse code modulation.
著者 (1件):
資料名:
巻: 42  号:ページ: 165-173  発行年: 1967年
JST資料番号: B0427A  ISSN: 1242-0565  CODEN: ELCMAX  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
W.Neuの提唱したTernary-baseの2進符号化法を用いて,テレビ信号のPCM化実験を行なった報告で,全トランジスタ化された装置を用いた伝送試験結果が示されている。実験映像は,モノクローム,走査線数625本のものを8値のTernary-base2進符号化により81レベルの量子化を行ない,符号化時間の速度を上げるため並列符号化を用いた。このときのサンプリング周波数は12.5Mcであり,これを100Mbit/sで伝送した結果の評価は,満足すべきものであった。この他雑音及び評価法に関する一般的な考察がなされている;写1図2参10
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る