{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010021127453   整理番号:68A0026779

Slater積分の計算の一つの可能性について

ОБ одной возможности оценки интегралов слетера.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 713-715  発行年: 1968年
JST資料番号: R0236A  ISSN: 0044-0027  CODEN: YAFIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
換算角度相互作用関数を用いて中心力のSlater積分を計算する簡単な方法が可能であることを示した。Ω(ω)=∫∫R〓(r1)R〓(r2)V(r1r2cosω)r〓r〓dr1dr2=ΣFkPk(cosω)において,Ω(ω)としてcos2nωもしくはr/n(sin2ω+γ2)を用いる。nもしくはγの力の到達距離に相応するパラメータである。実例として,92Nbおよび210Biの励起準位を計算し,ガウス型ポテンシャルによる通常の計算および実験データと比較した。実験との一致は別として,ここで述べた方法とガウス型ポテンシャルの計算は非常に良く一致した;写図3参6
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る