{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602010026952720   整理番号:58A0058124

路面電車や郊外電車における張力自動調整された変形Y形架線

Selbsttatig nachgespannte Einfachaufhangung an Bei-seilen fur Strassen- und Vorortbahnen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 214-215  発行年: 1958年
JST資料番号: B0460A  ISSN: 0013-5437  CODEN: ELBAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Elek Bahnen 1956 No.11の論文に対するBoehmの意見に対するTrauschelの反論. BoehmはTrauschelの考えと類似の架線をドイツ国鉄で実施数年来営業運転し,1950No.1,1951No.10で,可動ビーム方式が電車線やY線の長さの変化に対し有効であると述べた.TrauschelはBoehmの真似をしたのではなく,斜づり式架線が振止などを省略できるのみでなく曲練部分の変位を小さくできることを述べた

前のページに戻る