{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010037234829   整理番号:68A0016524

ポメランチュク粒子が異常であることの可能性

Unusual possibilities for the Pomeranchon.
著者 (1件):
資料名:
巻: 167  号:ページ: 1342-1345  発行年: 1968年
JST資料番号: D0323B  ISSN: 0031-899X  CODEN: PHRVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
真空量子数における角運動量主特異点が異常であることの二つの可能性を調べる。その一つはポメランチュク粒子は自己再生特異点であるとして,J=1における真性特異点を除去するという試みである。もう一つは衝突する極の構造を通して極大強さの原理を満すというものである。これらの模型が事実であるとは思われない;参16
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る