{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010048622804   整理番号:60A0079701

粘土鉱物混合物の高温反応とその窯業的性質:1石英重量25%のカオリナイト-雲母-石英混合物

High-temperature reactions of clay mineral mextures and their ceramic properties:1.Kaolinite-mica-quartz mixtures with 25 weight%quartz.
著者 (2件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 59-65  発行年: 1960年
JST資料番号: C0253A  ISSN: 0002-7820  CODEN: JACTAW  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
石英を25%としカオリナイトと雲母比を変えその焼成品の鉱物的窯業的性質について成分と焼成温度の関係を考え,ムル石はX線回折測定にて定量した.収縮と気孔率は雲母量と焼成時間により変わり,クリストバル石はカオリナイト量によること,ムル石とクリストパル石の発達の過程を明らなにした;図13表3参10

前のページに戻る