{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010051817438   整理番号:68A0138719

Vicia sativa(ヤハズエンドウ)の種子はい芽α-マンノシダーゼの精製および性質

Purification et propri6t6s de l’-mannosidase deS graines germes de Vicia sativa.
著者 (2件):
資料名:
巻: 50  号:ページ: 725-738  発行年: 1968年
JST資料番号: B0147A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
題記酵素(I)を3段階精製法(抽出,硫安沈殿,水酸りん灰石カラムクロマトグラフィー)により85倍に純化,酵素標品は電気泳動的挙動,UV吸収スペクトル,たんぱく温度に対する酵素活性の変化,沈降パターン(S20°,w=6.75±0.1)を検討した結果均質であった。分子量は125,000~150,000と算出。等電点はpH5.0。Iのアミノ酸組成はジカルボキシルアミノ酸が比較的多いのが特徴的。Iの至適pHは4.3。IはFe3+とAg+に強く阻害され,Zn2+とMn2+で活性化。IはD-グルコ一ス,D-マンノース,D-フコース,D-リポースへのα-マンノシルラジカル移動も触媒;参45

前のページに戻る