{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010061420528   整理番号:68A0158630

ビオチン欠産生における食餌生卵白粉の働きからその直接的毒性効果の分離

A separation of the direct toxic effects of dietary raw egg white powder from its action in producing biothin deficiency.
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 801-810  発行年: 1967年
JST資料番号: B0336A  ISSN: 0007-1145  CODEN: BJNUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
未成熟アルビノラットに卵白粉20,40,60,80,100%給与した。対照区には慣用飼料を与えた。毒性のあらわれとしては摂食量の低下,軟硬,下痢,死がみられた。ビオチンを添加してもその毒性には影響がなかったが,加熱によってその毒性をなくすことができた;図2表5参12
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る