{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010061664001   整理番号:68A0304309

格付した系統的アクティビティ・サンプリング

Rated systemtic activity sampling.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号: 11  ページ: 608-611  発行年: 1967年
JST資料番号: D0064C  ISSN: 0043-8030  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
格付した系統的アクティビティ・サンプリングは,指定された作業条件のもとで,指定された昨業を遂行した場合における基礎時間当りの生産高を決定するための作業測定の技術である。通常のランダム・アクティビティ・サンプリングとは違い;30秒ごとの一定の間隔で観察していく。各観察された要素時間は,観測と同時に格付していく。この方法の特長として,ストップウォッチを必要とせず,1人の観測者が4人の作業者を同時に観測でき,しかも1日の作業の全体を通して行なうことが可能である。結果は,縦軸に作業の割合(%)を,横軸に30分ごとの観測時間をとったグラフで示す;図1 表2 参4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る