{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010066076060   整理番号:68A0002833

熱線風速計(定謎度型回路

著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 1-17  発行年: 1968年
JST資料番号: G0024A  ISSN: 0563-8100  CODEN: TDUKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
定温度型熱風速計の基礎理論を述べる。直流的不平衡の影響とその結果として起こる共振現象を詳しく分析,熱線をホイートストンプリッジの一辺におき.プリッジの不平衡電圧によって加熱電流を制御して.熱線の温度を一定に保持。作動の有用な範囲は熱線自身の持性とフィードバック回路によって変る。余分の自由度を用いることによりいつも共振を回避でき.共振の減衰持性を変えることができる。フィードバック増幅器の適当な場所に短形波を加えると.加熱電が最大のときに過渡応答が観察できる;写図7表2参3
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る