{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010067360373   整理番号:60A0103971

イソパルス発生器による無線周波干渉(RFI)の測定

The impulse generator-RFI an RFI measurement tool.
著者 (1件):
資料名:
巻:号: 15  ページ: 68-71  発行年: 1960年
JST資料番号: C0397A  ISSN: 0013-4872  CODEN: ELODA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
RFIには一般に狭帯域のものと広帯域のものとあるが,それら双方の測定にインパルス発生器は確度,大きさ,簡単性,価格の点で通常の信号発生器に優り,また周波数を一々較正する要がないなどの特徴を有する.この測定は本質的には電界強度の測定であってキヤリブレータ,ビックアップ素子,受信機(増幅器)および指示器よりなるが,このキヤリブレータとしてイソパルス発生器を用いる.1000Mcまでのスペクトラムをうるためには(15 mμseoの幅のパルスを発生する必要がある.直接置換法による測定,電界強度計として要求される特性,ビ噌クアップ素子としてのアンテナなどについて記述した
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る