{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010077210205   整理番号:68A0332792

Benhepazoneのけい光分析による定量

著者 (2件):
資料名:
巻: 15  号: 12  ページ: 1906-1909  発行年: 1967年
JST資料番号: G0504A  ISSN: 0009-2363  CODEN: CPBTAL  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Benhepazone(1-ベンジルシクロヘプトイミダゾール-2(1H)-オン)は395mμで最も励起され,410mμに極大を有するけい光を発する.さらにBenhepazoneはその関連化合物との混合物中から,アルカリ性の条件下で.クロロホルム中に定量的に抽出される.以上の事実に基づいて組織,尿,ふん中のBenhepazoneの定量にけい光分析法を応用.すなわちクロロホルムでBenhepazoneを抽出した後,410mμにおいてけい光強度を測定.実験の結果,Behepazoneの代謝物または生体物質は定量を阻害しないことを確認:参6
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る