{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010078238839   整理番号:68A0241372

Hume-Rothery中間相,Laves中間相,その他の中間相の化学式を決定する試み

Essai de formulation des phases intermetalliques de Hume-Rothery, Laves et autres.
著者 (2件):
資料名:
巻: 64  号: 12  ページ: 1061-1066  発行年: 1967年
JST資料番号: D0536A  ISSN: 0025-9128  CODEN: MRMTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Hume-Rothery則に従がう電子化合物,ひ化ニッケル型化合物,ほたる石型化合物,せん亜鉛鉱型化合物,Laves相などについての化学式の決定法,二元化合物〔AB)の相対的原子価をVx, Vy,電子濃度C,原子%をx, yとするとC=xvx+yvy/x+y, x+y=1, c=vx+y(vy-vx)より(vy-vx)=yΔv=21/21-n-vxを得るこの式は三元系に拡張できる。Hume-Rothery相,Laves相,ひ化Ni型ではvx=0.1, CaF2型でvx=1~4で,電子化合物の化学式が計算できる。m=3×n/21-n, yΔv=1+m/3-vxの式はそれ以外の中間化合物に適用できる;写図4 表3 参7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る