{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010102537338   整理番号:68A0044118

中性子拡散波の反射と屈折

Heflection and refraction of neutron diffusion waves
著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 370-376  発行年: 1968年
JST資料番号: D0212A  ISSN: 0029-5639  CODEN: NSENAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
中性子拡散波の光学的性質の検討を行なっている。二つの半無限体系が接している場合,中性子波の方向は境界で反射や屈折が起る。この現象は電磁気学の方程式と同様に式に表わされている。漸近的な屈折波の相速度は進行の方向に依存することが明らかにされ,この現象は黒鉛-水系では特に顕著である。しかしこの系では相速度は一定である。黒鉛-真空の境界では中性子波の入射角度が23°ぐらい以上であると全反射が起ることがあることを示している;写図6参11
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る