{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010107451776   整理番号:68A0160442

Diospyros ebenum(カキノキ科)の心材の化学的試験

Chemical examination of the heartwood of Diospyros ebenum.
著者 (2件):
資料名:
巻: 29  号: 10  ページ: 289-291  発行年: 1967年
JST資料番号: D0403A  ISSN: 0019-5472  CODEN: IJPAAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: インド (IND) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
D.ebenvmの心材は昆虫やカビに犯されることがなく,収れん剤,減毒剤,結石溶解剤および皮膚病薬として有用であると考えられている。BrownとThomsonは心材中にナフトアルデヒド類とベチュリン酸の存在を報告している。著者らは心材を石油エーテルとアセトンで連続的に抽出し,石油エーテル抽出物からα-アミレノン,α-アミリン,ベチュリン,セリルアルコール,バウエラノールおよびスチグマステロールを,アセトン抽出物からウルソーンおよびベチュリン酸を単離;参4
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る