{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602010110411599   整理番号:58A0045702

合成ラテックスの粘度におよぼす粒子の大きさの影響

The Influence of Particle Size On the Viscosity of Synthetic Latex-I.
著者 (2件):
資料名:
巻: 138  号:ページ: 877-882  発行年: 1958年
JST資料番号: E0022A  ISSN: 0035-9572  CODEN: RUBWA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
30/70のスチレン/ブタジエンラテックスの粒子径,950/710,3250Åのものにつて-粒子の大きさは電子顕微鏡で測っている-粘度を計り,大きい粒子のものは,粘度がより小であること,粒子の大きさの分布が粘度におよぼす影響,さらに最適の粘度を得る方法を検討
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る