{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010110928460   整理番号:68A0155196

ラッき肝臓の細胞下分画時におけるチトクロムcの再分布の意義

The significance of cytochrome c redistribution during the subcellular fractionation of rat liver.
著者 (3件):
資料名:
巻: 107  号:ページ: 523-529  発行年: 1968年
JST資料番号: B0205A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ラット肝臓のホモジネート化および細胞下分画時におけるミトコンドリア性チトクロムcの再分布を研究。ホモジネート化直前の肝臓浮遊液にクロマトグラフィー的κ均一なC標識チトクロムをを加え,その放射活性の吸着を調べた。細胞下分画後の細胞液の可溶性チトクロムcは可溶型としてのチトクロムのの7鰭であった。ミトコンドリア分画では,チトクロムcプールは内生的で,可溶性細胞液に遊離するミト灘ンドアブ性チ塾クロムcはミ塾コンド墾アでは再吸着されない;写図1表3参10
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る