{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010117074245   整理番号:68A0129474

イオン交換カラム溶出クロマトグラフイーの理論II

Theoretische Betrachtungen zur Elutions-Chromato-graphie an IonenaustauschersSulen.III.
著者 (1件):
資料名:
巻: 237  号: 34  ページ: 195-209  発行年: 1968年
JST資料番号: E0444A  ISSN: 0323-4479  CODEN: ZPCLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
溶液/樹脂相間のAおよびBイオンの分配の既に誘導された理論的表現を用いて溶出曲線の計算を試みた。多くの条件を考慮しての一般的計算には計算機が利用されるが,短い交換カラムと0.5N以上の高濃度の場合などには手で計算できる。短いカラムでのクロマトグラフ溶出曲線の実験値と計算値の一致は良好であり,事実上作用する理論的因子は樹脂の充てんであ0,かつ理論の妥当性を示している。しかし,長いカラムでは複雑な因子の考慮が必要となり,その検討は不可能である;写図5表2参10
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る