{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010117529390   整理番号:68A0271339

軸圧縮力をうける円管の挙動の実験的および解析的研究

Experimental and analytical investigation of the behaviour of cylindrical tubes subjected to axial compressive forces
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 182-197  発行年: 1968年
JST資料番号: A0932A  ISSN: 0022-2542  CODEN: JMESA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
文献にみられる標記の問題についての各種の理論結果は非常に分布範囲が大きく,実験的支持がないので,弾性座屈理論にもとづき実験的,理論的研究をした.本論文で得られた結果はつぎのようになる.管の破損は“一方的”な座屈現象でない.座屈は一個所でおきることもあるし,つきつづいておきることもある.座屈モードには二つあって,一つは管壁が外側に張出すもので,これは降伏現象とみなすべきものである.他のモードは管壁が内側に移動するものでいわゆるダイヤモンド型のくぼみができる.これは弾性破損とみなさされる;写図30参9

前のページに戻る