{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602010124478971   整理番号:58A0059303

高層大気中の電波伝搬

Propagation at Great Heights in the Atmosphere.
著者 (1件):
資料名:
巻: 21  号: 131  ページ: 143-160  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0015A  ISSN: 0025-2883  CODEN: MARVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
大気の屈折率傾度は低層で標準値,高層では小さくなるので,空中線高の高い時電界強度は標準大気中と異なる.見透し内では見透し距離が小さくなり,回折領域では空中線高利得が減る.この計算により距離対電界曲線を,周波数に無関係な見透し距離の減少分だけ自由空間電界曲線に沿ってずらせて補正すれば実際の電界が計算できる.屈折率の減少を指数関数的であるとして計算した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る