{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010131641560   整理番号:58A0062058

直流増幅器のドリフトおよびグリッド電流が電子管式アナログ計算機による線型常微分方程式の解におよぼす影響

Einfluss des Nullpunktfehlers und des Gitterstromes von Gleichstromverstarkern bei der Losung linearer Differentialgleichungen mit konstanten Koeffizienten auf dem elektronischen Analogrechner.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 305-307  発行年: 1958年
JST資料番号: B0465A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
直流増幅器のドリフトおよびグリッド電流は演算用増幅器の出力に誤差電圧を生ずる。積分器ではこの誤差電圧は初期値と,時間とともに増加する電圧の誤差とよりなり,線型常微分方程式を計算する閉ループの場合では両者が誤差の原因となる。これらの誤差断算を述べた

前のページに戻る