{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010133522819   整理番号:68A0144855

差動走査熱量計によるジクロルペンタジエン誘導体の解離の動力学パラメータの測定

Measurement of the kinetics of dissociation of di-cyclopentadiene derivatives with the differential scanning calorimeter.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 934-941  発行年: 1968年
JST資料番号: D0122B  ISSN: 0032-3934  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
綿セルロースの架橋剤の研究の一端として,シノロペンタジエンカルボン酸メチルとその二量体の解離に関する動力学パラメータを差動走査熱量計によ測測定した。N一フェニルマレイミドとの反応のサーモグラムのビーク面積が反応熱に比例するので,これより一次反応定数,反応熱などを求めることができる。またArrheniusバラメータを求めることもできる。この方法は多くの溶液反応の動力学を研究する上で,簡便で迅速な方法である;図2表2参16
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る