{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010139916991   整理番号:68A0357151

核酸系化学調味料と魚肉加工食品

著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号:ページ: 49-54  発行年: 1968年
JST資料番号: F0354A  ISSN: 0547-0277  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
核酸系化学調味料のイノシン酸ナトリウムとグアニル酸ナトリウムの性質,特徴,配合比によるうま味の強さなどについて述べ,魚肉ねり製品,魚類かん詰,その他の水産加工食品への適用例を挙げて説明し,添加量,残存率,添加効果などについて概説.イノシン酸ナトリウムの混合比率はグルタミン酸ナトリウムの約10~20%が最良で上記食品類へのイノシン酸ナトリウムとグアニル酸ナトリウムの添加量は0.01~0.02%程度が適当.なおイノシン酸ナトリウムとグアニル酸ナトリウムの使用上の注意について若干記述.
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る