{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010141048166   整理番号:60A0077005

揚げ物用の肉の切身の保存期間に及ぼすいろいろの時間クロルテトラサイクリンと共に冷蔵した場合の効果ならびにいろいろの保存条件の効果

Effect of different lengtl chill periods with chlortetracycline and different holding conditions on the shelf life of dressed fryers.
著者 (3件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 286-289  発行年: 1960年
JST資料番号: C0006A  ISSN: 0015-6639  CODEN: FOTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
クロルテトラサイクリンを含有する氷片と共に冷蔵処理したものは10日以後の保存に関しては箸しい効果があったが,初めの10日間は全細菌類と生ぐさ臭においてほとんど差異がなかった.冷蔵処理時間2時間の場合は12時間および24時間の場合より全菌数少なく生ぐさ臭は高かった;図5参10

前のページに戻る