{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010141200812   整理番号:68A0325242

テクネチウム(IV)クロル錯体の光化学反応

著者 (3件):
資料名:
巻: 40  号: 12  ページ: 2970-2971  発行年: 1967年
JST資料番号: G0450A  ISSN: 0009-2673  CODEN: BCSJA8  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
塩酸溶液中のTc(IV)クロル錯体の紫外および可視吸収スペクトルの研究において,塩酸濃度によるスペクトルの変化が光の照射によって誘起される現象を見出し,塩酸濃度11.8Nから0.025Nの溶液にとかしたTcCl62-に光を照射(10W螢光灯4本で2週間,20°C)し,暗箱中においた試料とそれらの吸収スペクトルを測定して比較した.暗箱中の試料のスペクトルは塩酸濃度の影響を受けず,光照射はこのスペクトル曲線を濃度がうすいほど変化させる.等吸収点を二つ見いだした.これは溶液中のTc(IV)濃度の測定に利用しうる.光照射でTcCl62-+xH2O→TcCl6-x(H2O)xx-2+xCl-の反応が起ると推論した:参8
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る