{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010156377581   整理番号:60A0124829

エクマンの理論から導かれる結果

Sur la solution du probleme d’Ekman.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 262-270  発行年: 1960年
JST資料番号: C0371A  ISSN: 0012-0308  CODEN: DHYZA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
エクマンの理論にしたがえば閉塞海で風がある時質量輸送がみられる,即閉塞海に湧出点と収束点とがあれば質量輸送が考えられる。また外洋では質量輸送の原因として境界付近の運動が指摘される。この問題はヂリクレの問題に帰する。そして海岸が簡単な形の時はアナログ計算機を用いることができ,実際の海について微分方程式が解ける;図2参3
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る