{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010167138937   整理番号:68A0119688

ヘキサメチルりん酸トリアミド(HMPT)溶媒中におけるアルカリ金属による還元非共役不飽和系の場合

Reduction par les mtaux alcalins en milieu hexa-mthylphosphotriamide HMPT,cas des sytfemes insatu-r6s non conjugufs.
著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 3387-3395  発行年: 1968年
JST資料番号: B0150A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アルカリ金属のHMPT溶液をπ-電子系を含む各種の還元に利用するための研究の一環として,窒素を含む不飽和化合物やアセチレン化合物について研究し,窒素を含む不飽和化合物の場合にはヒドラゾンを除いて予期されるような還元が起るがヒドラゾンでは窒素一炭素二重結合の還元と競争的に窒素-窒素結合の開裂が起ること,アセチレン化合物の場合にはペンゼンの存在下では還元が起るが他の場合には転位反応が起ることを示した;表6参38

前のページに戻る