{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010181371504   整理番号:60A0034370

近代的均熱炉の建造と操業

Bau und Betrieb neuzeitlicher Tiefofenanlagen.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 451-464  発行年: 1960年
JST資料番号: D0196A  ISSN: 0028-3207  CODEN: NEUHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
分塊および半成品圧延機は製鉄所の中心となっているが,これら圧延機の効率は粗塊の体積と均熱炉設備のみでなく,製鋼工場および高炉などによって決まってくる.高い効率の要求にこたえる均熱炉の一つに単通路式または複通路式模型均熱炉がある.年間180万tの鋼塊と厚板を処理する炉では,鋼塊重量5~6tのものを630°Cに均熱するが,高炉ガスを燃料とする単通路式ではピット数32個の中,常時か働ピットは30個で効率は9.5t/hであり,熱量消費は250keal/kgである;写5図13表5参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る