{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010182193103   整理番号:68A0186793

熱可塑性プラスチックの加熱鍛造

Le forgeage a chaud des thermoplastiques.
著者 (1件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 78-80,160  発行年: 1968年
JST資料番号: C0179A  ISSN: 0032-1303  CODEN: PMELA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
熱可塑性プラスチックは普通融解状態で賦形し固化後型からとり出す方法が用いられるため,経済的に生産できる成形品の厚さは3~5mmが限度である。最近Royal Dutch/She 11のグループは金属の塑性変形加工に類似の成形法を開発。これは溶融点以下の十分強度を残している温度に予熱したプラスチックブロックを金属プレスにより金型の間で10~20秒プレスする方法で,冷却サイクルが不要のため肉厚品でも短時間で成形でき,外観や衝撃強さのすぐれた成形品がえられる。またプラスチック板の絞り加工も研究。これらの成形法はPP,HDPE,ABSなどに好適;写図4
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る