{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010184955159   整理番号:68A0003414

相関ある任意step数の二変量N次亡じ酔歩過程とHanke l変換形結合特性関数法

著者 (3件):
資料名:
巻: 15  号:ページ: 271-282  発行年: 1967年
JST資料番号: F0072A  ISSN: 0429-8373  CODEN: FDKHAD  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
太田 光雄,小泉 卓也,真下 享:F72福井大工研報〓〔2〕271~282(’67) 相関ある2変量のN次元酔歩問題を考察対象として,step数S個の合成ベクトルの長さに関する2変量同時確率密度分布表示を高次ハンケル変換形結合特性関数法との関連のもとに,級数展開の形で陽表示した。さらに物理的具体例としての,顕微鏡下におけるブラウン粒子の拡散距離の分布や,3次元空間内におけるマクスウェル-ボルツマンの速度分布則と,この相関効果がどのように関連するかに着目した;参12

前のページに戻る