{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010186352087   整理番号:68A0067747

ドラフト微圧調整による煤煙の発生防止

資料名:
巻: 20  号:ページ: 2434  発行年: 1968年
JST資料番号: F0218A  ISSN: 0028-3029  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ボイラの燃料が石炭よにり重油に変り燃焼効率が非常に向上したが,一方排ガスに関連した多くの難問題が発生している。同一設備で同一条件においても同一燃焼が行なわれないことがよく知られているこれにはドラフトが大きく関係している。そのため炉内圧を一定に保つようドラフトレギュレータを使用し,風・気温・大気圧など外的事項の影響を排除した。そのため油粒0ふん囲気がよくなり燃焼速度のパラツキがなくな久燃焼状態が良好となった。煙突0高さ4,5 mの強圧通風比例制御ボイラのテストで従来遊離炭化水素量が激しく変化して困っていたのが,ほとんど一定になった;写図23表5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る