{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010188719085   整理番号:68A0189175

人造繊維の耐熱性に及ぼす化学結合したアゾ染料の影響

Влияние химически связанных азокрасителей на термостойкость капронового волокна.
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 17-18  発行年: 1968年
JST資料番号: R0095B  ISSN: 0023-1118  CODEN: KVLKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
末端基と化学結合させて,高分子中にアゾ染料を導入することにより,人造繊維の耐熱性の向上度はアゾ化合物の性質に依存する。ボリカプロラクタムを空気中で熱処理すると,熱酸化分解による高分子溶液の比粘度の著しい減少が認められない。また,空気中での熱処理後に細ける人造繊維の強度と粘性変化との間には相関性がないことが認められた;写図2表1参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る