{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010193941888   整理番号:68A0142218

乳酸デヒドロゲナーゼとアルドラーゼのビピリジン誘起合成

Bipyridine-induced synthesis of lactate dehydroge nase and aldolase.
著者 (1件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 1677-1681  発行年: 1968年
JST資料番号: A0314A  ISSN: 0001-5393  CODEN: ACSAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: デンマーク (DNK) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
in vitroで培養したChangの肝臓細胞に2,2-ビピリジンを加えると,標題酵素の合成を増加。その効果はコバルトイオンの添加によって妨げられるが,鉄の添加は逆にビピリジンの存在のみの場合よりも効果が大となった。ビピリジンの存在しない場合,金属イオンの存在は上記酵素の合成にほとんど変化を与えない。またビピリジンは細胞の生長を妨げ,その効果は,細胞の代謝に必要な金属イオンをキレート化するためと推定;写図4参11
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る