{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010197176531   整理番号:68A0204995

設計者の盲点-人間的な要素

IHuman factors engineerings blind spot
著者 (2件):
資料名:
巻: 82  号:ページ: 39-47  発行年: 1968年
JST資料番号: B0437A  ISSN: 0013-4635  CODEN: ETECB   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
設計にあたってミサイルまどの機器を操作する人間をどれだけ考慮しているかについての調査とその結果を示し,検討を加え,理想的な設計について述べる。調査結果は設計に人間工学的な考慮が払われていないことを示し,その理由の1つとして,この方面のMIL規格が十分でないことをあげている。良い設計をするための4つの段階として I)動作内容,操作員,環境等の決定 II)逆の状態を想定しての設計 III)より重要な動作の決定 IV)全体の再評価を示し,さらに集中,系統的な調査を行なうため政府,軍当局の協力を望みまた技術者の自覚を求めている;写図1表1参16
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る