{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010203110262   整理番号:68A0172261

生ゴムとゴム混合物の流れの温度-時間重ね合せと緩和機構

Температурно-временная суперпозиция и релаксационный механизм течения каучука и резиновых смесей.
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 523-530  発行年: 1968年
JST資料番号: R0258A  ISSN: 0025-8865  CODEN: MKPLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
著者らの理論と実験,文献から,定常流に見られる粘性異常はゴム変形の緩和性のためであるとした。温度と充てん剤の影響は,比例係数が相当するニュートン流の粘度値に比例する,緩和時間の比例変化として現われる。弾粘性領域での緩和スペクトルは単一の関数関係で表現できる。スペクトルに現われる差を明らかにした;図4表1参27

前のページに戻る