{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010204448933   整理番号:68A0282131

井戸水位の相互作用

Mutual interference of water wells.
著者 (2件):
資料名:
巻: 93  号:ページ: 169-182  発行年: 1967年
JST資料番号: D0019A  ISSN: 0006-3592  CODEN: BIBIAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
配列した井戸の1つで流量を減少しながら揚水したときに各井戸の水位と,揚水の継続時間,井戸間の距離および無限に均質な被圧地下水の地下水常数の間の関係を説明する一般式をみちびいた。わずか圧縮を許す基礎式で非線型類項を省略すると,一般によく使われる,貯溜係数S,伝達係数Tを用いた井戸の基礎式をうる。この式は,井戸間の距離が井戸径の1000倍以上,rl)(=r2S/4Tt)>100のときは重ね合せが可能であるとして,差分式で任意の時間,場所の水位得られるように書直した。応用例として三角形状に位置する井戸を想定した計算をのせている;図4参19
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る