{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010216156113   整理番号:68A0161568

シ搬ウプ油の神経薬理学的作用

Further studies on neutopharmacological actions of acorus oil.
著者 (2件):
資料名:
巻: 172  号:ページ: 356-365  発行年: 1968年
JST資料番号: B0025A  ISSN: 0003-9780  CODEN: AIPTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ベルギー (BEL) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ショゥブ油(I)の,種々の動物の態度,行動に及ぼす影響とモノァミンオキシダーゼ(MAO)とアミノ酸オキシダーゼの効果を検討。Iはラット,マウス,ネコ,イヌおよびサルで鎮静作用を持っことが知られている。ネコ,イヌおよびサルでは診う吐作屠を認めた。マゥスでは自発運動および強制された連動の双方とも者しく抑制され,その程度は前者の方が強い。屈筋,しっがいおよび舌下がく反射は投与量に応じて抑制されたが,神経筋接合あるいは網様体轄激によるしっがい反射高進はしゃ断されない。大量投与ではM-AOは仰制され,またd一およびl一アミノ酸オキシダーゼの作用は増強された。Iの神経薬理学的作用の作用部位はせき髄および皮質下のレベルと考える;写図3表3参14
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る