{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010218838530   整理番号:68A0152314

ヘキソバルビタール分解に対するクロラムフェニコールとその構成成分の阻害作用

Hemmwirkung von Chloramphenicol und semen Bausteinen auf den Hexobarbital-Abbau.
著者 (2件):
資料名:
巻: 257  号:ページ: 326-328  発行年: 1967年
JST資料番号: D0014A  ISSN: 0025-2875  CODEN: MRCIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 予稿  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ラットの肝臓切片をクロシムフェニコール(I)とインキュベートレ,3つの主要代謝物を確認した。またヘキソバルビタール(II)の肝臓での分解および睡眠時間に及ぼすIとその構成成分8物質の影響を検し,Iそのものが肝臓酵素の阻害物質であると結論;表1参1
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る