{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010222556697   整理番号:60A0086778

天然ゴムと無水マレイン酸との作用

Взаимодействие натурального каучука с малеиновык ангидридом.
著者 (3件):
資料名:
巻: 19  号:ページ: 3-6  発行年: 1960年
JST資料番号: R0155A  ISSN: 0022-9466  CODEN: KCRZA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
天然ゴムを無水マレィン酸と一緒にロール機で処理すると,両者の付加反応と構造化が平行して進行する隙間の広いロール機で処理するときの構造化の作用には誘導時間があるが,この誘導時間は無水マレイン酸の濃度を大きくするにっれて短かくなる。アルゴンのふん囲気中でロール処理をするときの構造化の速度は空気中よりも大きい。空気中での素練り時の温度を20°Cから40°Cに上げると生成するゲルは破壊されるが,無水マレイン酸の付加量には実際上影響しない;図5参11
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る