{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602010230723276   整理番号:60A0095313

列車集甲制御方式(CTC)

La commande centralisee des circulations ferroviaires.
著者 (1件):
資料名:
巻: 69  号:ページ: 91-107  発行年: 1960年
JST資料番号: D0528A  ISSN: 0035-3116  CODEN: RGELA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
初期の,進路てこによる信号所について概念を述べ,重要線区では集甲制御化が必要であることを強調した.次いで.全継電器式になった扱所を説明している.商用周波による交流電化区間でめるために可聴周波で遠隔制御し,伝透線は4~6kmごとに絶縁する.連動装置には機械的継電器を使っているがの伝送装置にはエレクトロニクスを応用.これらについて,フランス国鉄の3線区に設備したCTCを例に.詳しく紹介した;写8図12表1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る